2004年6月の日記

2004年6月27日(日)
久々の詐欺請求
2004年6月22日(火)
ドライブ塗装計画
2004年6月21日(月)
LGA775
2004年6月17日(木)
ThinkPad vs Let'sn..
2004年6月16日(水)
エルフのパンチラ(..
黒のアプティバ(古
2004年6月15日(火)
HDD…
2004年6月11日(金)
FMV-KB311
iPod Access
2004年6月10日(木)
リネII
2004年6月7日(月)
久々に〜
2004年6月6日(日)
プラスe
2004年6月1日(火)
プリンタのインクと..
久々の詐欺請求
久々に、架空請求書による詐欺郵便が届きました。というわけで、今日の日記はコイツをネタに。とりあえず、明日にでも警察署に持っていこうかと思います。

届いたのは、料金別納の長形3号定形郵便。差出人は中央管財センター、住所は東京都中央区日本橋本石町4-2-13 マルフジビル9-105となっていました。ネットで住所を検索してみたところ、八重洲商事という名前で現金書留を同封して架空請求を行っていた会社が、同ビルの116なのですが、手口から察するに同一のような気がします。
入っていたのは、電子消費者契約料金の御請求通知書1通、現金書留封筒1通。ちなみに請求額は134,000円となっていました。

いやー、それにしても衛星放送、携帯・固定電話(有料アダルト番組・出会い系)、パソコンのアダルト、出会い系などのサイトの利用料金が未納だそうですが、ひっかかる人ってそこそこいるんでしょうね。じゃないとわざわざ現金書留を同封して送ってこないと思いますし。現金書留封筒って20円くらいしましたよね?
未納金などの金額内訳の次には、支払わなかった時は裁判所に出頭、その後罰金刑及び動産物差し押さえ強制執行等となにやら素晴らしいことがずらずらと書かれています。ああ、おっかない(笑

一応それっぽい管理番号なんていうのが封筒と紙面に記載されていますが、どうせみんな同じ管理番号なんでしょう。それにしてもいろんな事を考えるんですねぇ。顧客名簿流出とか最近多いですが、一度名簿業者へ渡ってしまうと回収はほぼ不可能ですし、こういった犯罪にも使われるわけで、もっと各企業は管理に気を付けて欲しいところであります。500円で個人情報を売った某社とか。

それにしても、担当者への直通電話が携帯番号っていう時点で、胡散臭さ大爆発ですな…。

さて、話題変わって自動車の事でも。先日夜の通販番組で、ガラス成分(?)入りの車用コーティング剤とか、オイル添加剤というのを紹介していました。なんでも、コーティング剤の方は洗車した後にささっと吹き付けて軽く伸ばすだけで、傷も消えて数ヶ月(半年以上だった気が)コーティングが持つそうです。擦り傷が見事に消えてピッカピカ、なんてのを紹介していましたが…どうやったら軽く拭くだけで、ボディー表面の細かい傷が綺麗に平坦になって、あんな光沢になるのか小一時間説明して欲しいところであります。

ポリマー加工は、ポリマー剤を塗った後に気合い入れて磨き上げますから、塗装面の傷が埋まるのも解りますが、簡単にさささっと拭いただけでは、皮膜が傷の部分と傷がない部分の両方に覆い被さったままですから、あんな綺麗になるわけが無いと…。
とはいえ、テレコンワールドで紹介されていたGloShieldも、胡散臭すぎるCMが気に入って買ってみたところ、それなりの効果があったりしたので侮れないのかもしれません。

個人的にもっと怪しいと思うのは、オイル添加剤。なんでもコイツを加えると2万キロまでオイル交換をしなくていいそうな。おいおい、そんな凄い添加剤があったら、オイルメーカーが最初から使ってるって…って気もしますが、そうするとオイルが売れなくなってしまうから入れてないのかな、なんて気もしたり。
ウチの場合、オイルはだいたい5,000kmを目処に交換しているのですが、どんな素晴らしい添加剤を入れたからといって、2万キロも交換しない、なんていうのは怖すぎ。

でも、オイルを交換することすら知らなくて、新車で買ってから一度もオイル交換をせずに、数年後オイルが無くなってエンジンが故障して廃車、なんて人も世の中いるみたいですから、こういう人には役立つのかもしれません。
オイル添加剤とか燃費グッズの類など、まったく効果が無いとは言いませんが、そんなに凄いものがあればオイルメーカーや自動車メーカーがとっくに採用しているハズだ、と個人的には思ったりする訳ですが、どうなんでしょう。

ふー、とりあえず前回買ってみたポリマー加工なんていうコーティング剤がまったく使い物にならなかったので、今度違うのをまた探さねば…
なんかお勧めあったら教えてくださいまし。
2004年6月27日(日)  No.108

ドライブ塗装計画
1階に置いてある親用PC(余り物で組んだやつ)に、DVD+Rドライブを突っ込んであったのですが、まず焼くことなんてないので、ウチのセカンドマシンに入れてみました。
もともとベゼルが白だったので、またもや黒く塗ることに。塗るといってもそんなに大変な作業ではないんですが、日記のネタにひとつ、方法というかコツとかご紹介。
プラモデルやフィギュア、ガレージキットなどを作っている方にとっては「何当たり前のこと言ってるんだか」という感じでしょうが、おつきあい下さいませ(´Д`;)



用意したのはリコーのOEMドライブ、RW5125A。今更DVD+R倍速かよ…というスペックなので、心おきなく黒く塗れるってもんです(笑)。今では光学ドライブも消耗品というか、1万円程度でDVD+Rが買えるなんてめちゃくちゃな時代ですからね〜。
撮影に失敗して白が飛びまくってしまっています。最近FinePix4700Zおかしいんですよねー。落としたり、何回も分解して部品が外れたところとかいじってるのがいけないのか(爆

まず、ドライブからフロントベゼルを外します。トレーを出して(電源に繋いでも良し、イジェクトピンでも良し)トレーに付いているベゼルをはずします。続いてドライブに付いているベゼルを、数カ所ある爪をはずして取り外します。かなり簡単に取れる筈。
取り外したら、汚れをあらかじめ拭いておきましょう。軽く濡らしたタオルなどに仮定用洗剤を1滴付けて拭くと綺麗になります。その場合は十分乾燥させましょう。



取り外したフロントベゼルから、イジェクトボタンとアクセスランプのパーツを外します。単にはめ込んであるドライブもありますが、このようにプラスチックを溶かして付いているドライブがほとんどだと思います。
この取り外し方は、山になっている部分をカッターで削り取れば、パカッと簡単に取り外せます。ウチは電動リューターでがしがし削ってます。その方が楽ですし。



とりはずすとこんな感じになります。イジェクトボタンは塗装しますが、取り外して塗装したほうが遙かに綺麗に仕上がります。アクセスランプは無くさずに取っておきましょう。



塗装する際に手でパーツを持っていると汚れてしまうため、適当な棒などに固定します。写真に写ってるのはフルタワー筐体のフロントパネルの上の部分をぶった切ったやつだったり(爆)。これが結構使いやすいんですよ。持ちやすいし(笑
3M製の強力両面テープを使うと、簡単にパーツを固定出来ます。お勧め。

塗装する際は、スプレーを50cm離して塗りましょう。押した瞬間、どばっと塗料が出ますので、何も無いところに向けてスプレーを噴射して、そのままスプレーを移動させて塗っていきます。
1度で仕上げようとすると塗料がたれてとんでもないことになりますので、4、5回に分けて少し塗っては乾かし、また少し塗っては乾かし…を続けると綺麗に塗装出来ます。



塗装が終わったパーツです。フロントベゼルの側面や開口部の側面など、塗り残しやすい場所もありますので、綺麗に塗装出来ているか確認です。
塗装が終わったら、取り外したイジェクトボタンとアクセスランプのパーツを、接着剤を使ってフロントベゼルに取り付けます。
今回のドライブは、ボリュームがもともと黒だったので塗装する必要がありませんでしたが、ここが白だったりする場合には、ここも塗装する必要があります。油性の塗料を使って、筆で塗って仕上げます。結構これが面倒なんですよね。



塗装が終わったフロントベゼルをセットして完了。スプレー缶でも結構綺麗に塗れるものです。まあ、黒は塗装が簡単な色ですからね…。
塗装するときに埃は厳禁ですので、風の強い日などは避けた方がいいでしょう。

今回は筐体が黒だったのでつや消しブラックを使っていますが、ピュアホワイトやパールホワイト、その他いろんな色に塗るのも面白いかもしれませんね。石のようになる塗料などもありますから、塗ってカスタマイズ(?)するのも自作ならではの楽しみかもしれません。

それにしても、最近いろんなカラフルなケースやデザインの凝ったキューブPCが増えているのに、ドライブはアイボリーか黒しかなくて、統一性がありませんよね。かといって、星野金属が売っている(売っていた?)ドライブは高いですし。だったら自分で塗っちゃえ、ってのが一番かと思います。
どこかのショップが、2,000円くらいで塗装してくれるサービスとか初めても面白いと思うんですけどね。塗料は1缶500円程度、これで3台くらい塗れますし、店員が片手間で塗装すれば人件費もそんなにかからないんじゃないかなぁ。
2004年6月22日(火)  No.104

文月  2004/06/25/00:57:08   No.107
フロントベゼルが数種類の色の分が入ってが昔あったような?
メーカー製になると、ギミックでごまかしてますねぇ、色の問題
自作向けに塗装サービスが出てきたらおもしろそうですね〜

LGA775
先週末、intelの新チップセットである925/915とLGA775対応のCPUが発売されましたね。それにしても、CPUソケット(CPU?)がもろいようで、MSIのマザーボードのマニュアルには「CPUが曲がったままロックすると、一発で壊れます」という恐ろしい文字が。一発で壊れるって一体〜〜〜〜

今の時期って、PCの主要パーツの規格がいっせいに変わってますよね。ちょっと前からの流れですが、HDDはパラレルATAからシリアルATAに、CPUもSoclet478からLGA775に、ビデオカードもAGPからPCI Express x16に、PCIもPCI Expressに、メモリもDDRからDDR2に、電源もATXからEPS(と同じ24ピン)に。

新しい規格の製品が出ると、最初のころは相性問題とか出るのが恒例なのですが、今回はどうなんでしょうか。PCI Express関係で、ビデオカードにトラブルが出ているみたいな話しはどこかで見かけたのですが、どうなんでしょうか。PCI Expressのビデオカードも少しずつ出始めましたが、性能は今はまだAGPとさほど変わらないのかな。使っているチップもAGPで使用しているものとほぼ同じですからね。

さて、今回925/915チップセットのマザーボードを見てびっくり(?)したのが、ついにサウスブリッジ(という言葉は古いのか…。ICH6ね)にもヒートシンクがついていること。ついにサウスにもヒートシンクが、という感じです。もしかしたら気づいていないだけで、結構前からあるのかもしれませんが、ウチが使っているマザーにはついていません。
それだけサウスブリッジが高性能化して、発熱が増えてきたってことでしょうか。

メモリはDDR2だと発熱が少ない(DDRが2.5V、DDR2が1.8V)ので、メモリの発熱は下がっているようですが、CPUをはじめHDD、ビデオカード、マザーボードなどからものすごい熱が出てくるわけで、パソコンのヒートアップは止まらなさそうな感じです。そのうち水冷が当たり前の時代になるのかな。

増加の一途をたどる熱量の増大に対応するためにIntelが提唱しているBTX規格ですが、一番の違いはマザーボードが向かって右側ではなく、左側に装着される点でしょうか。これはあくまでもウチの適当な予想なんですが、もともとISAバスのカードが、基盤実装面が上に来る(タワーケースの場合)のに対し、1つのスロットをPCIとISAでシェアーできるようにするため、PCIは実装面が下になったのが、放熱という点で難があるため、マザーボードを逆につけることによって実装面を上にした、なんてこともあるのかな、ないのかな、という感じです。

これくらいしか、わざわざマザーボードを右側から左側に移す意味がわからないのでありますよー。モニタの右側にパソコンを置くことが多いので、右サイドからのほうが外気を取り入れやすい、なんてこともあるのかもしれませんが、液晶モニタであればそんなにクリティカルな問題ではなさそうですし。
この辺詳しく調べてみても面白そうですよね。
2004年6月21日(月)  No.101

文月  2004/06/22/01:24:12   No.103
たしかビデオカード用のPCI Expressは
帯域がピーク近く使うと問題が起きてたとか?
それを改良したのでリリースできるとか(そのため今まで遅れてた
とりあえず第一世代は私は様子見ですねぇ

ちょも  2004/06/23/19:05:32   No.105
PCI ExpressX16は負荷をかけたときに問題が起こってましたよね。発売されるということは、この辺の問題がクリアになったのでしょうか。
といっても、最初の頃は相性なども含めて問題が出ますから、やはりこなれるまで待ったほうがいいかもしれませんね。

ThinkPad vs Let'snote
大学で、持ち運べるノートパソコンと据え置きで使うパワフルなノートパソコンが欲しいということで、PanasonicのLet'snote R3とIBMのThinkPad G40を購入することに。で、今日両方揃ったので、ちと比較でもしてみようかと思います(笑

PanasonicのLet'snote R3(以下CF-R3)は、B5サイズよりも一回り小さい、軽量小型のモバイルノート。990という1kgを切る重量ながら、バッテリー9時間という長時間駆動が可能な優れもの。HDDは40GB、CPUはPentiumM 1.1GHzなのであります。

製品情報:http://panasonic.jp/pc/products/r3d/

IBMのThinkPadG40(以下G40)はPentium4 3GHzを搭載したモンスターノートPC。メモリも1GBを搭載し(拡張済み)、デスクトップPCにも引けを取らないスペックを誇る反面、バッテリー持続時間2時間、重量4kgと持ち運ぶことを考えたくないノートPCでもあります。

製品情報:http://www-6.ibm.com/jp/pc/thinkpad/tpg4034/tpg4034s.html

それぞれ、持ち運びに特化したモバイルノートPCと、性能に特化したデスクトップ代用ノートPC、どれくらい違うか比較してみました。
ということで、まずはサイズ比較〜〜〜



いや…なんていうかサイズ違いすぎ。990gと4.1kgの差は圧倒的でした。もう、なんていうかG40は殺人的な重量ですわ。ここまで重たいノートパソコンって久しぶりに触ったかも…。一昔前(Pentium200MHzとかの頃)は割と普通だったんですけどね。
G40を持った後にCF-R3を持つと、これオモチャかモック(店頭ディスプレイ用の、中身が入っていないケース)か?と思うくらい軽く感じます。

続いて側面比較〜
写真が見づらくて申し訳ないです。





…なんていうか、差が圧倒的過ぎ。ただ、厚みはそれほど差が無い事がおわかりでしょうか。CF-R3は「薄さ」よりも「軽さ」を取ったノートPCなので、実は厚みはかなりあったりします。

余談になりますが、ノートパソコンって薄くすれば軽くなるんじゃないんですよね。薄くするとどうしても筐体の強度が不足してしまうため、重たい素材を使って強度を稼ぐ必要があります。そうすると、どうしても重量がかさんでしまう訳です。
厚いノートPCには軽い素材を使えるので、薄いノートPCよりも軽く作れるというメリットがあるんですね〜。

このCF-R3の厚さですが、個人的には片手に持つ時にちょうどいい大きさなので、割と「ありかな」と思っています。ただ、鞄に他の本やら資料やらと一緒に入れる時には、薄いノートPCの方が便利かもしれません。
筐体の作りはしっかりしていて、液晶もしっかりと強度が保たれていて良い感じ。本体もがっちりしているので、多少ねじってもびくともしません。

G40は、CPUもPentium4の3GHzですから、もう、なんていうか凄いです(笑)。背面と側面にはヒートシンクの排気スロットがあり、背面には今時珍しくパラレルコネクタが付いてます。この辺からも、G40がビジネス用をターゲットに作られているのが伺える感じですね。単に設計が古いだけだったりして(笑
USBコネクタが背面に2つ、側面に2つの合計4つあるのもいい感じ。プリンタなどは背面のコネクタに、USBメモリを使う時は側面に、というように使い分けが可能です。

ただ、このG40、CPUのスペックの割には22万円程度と割安な為か、作りは意外にチープです。DVDのコンボドライブは、他のモデルと共通のベゼルの為に段差があるものを採用していますが、このノートの側面には段差が無いので、そこだけ違和感がかなりあります。また、筐体のラインもかなりいい加減というかおおざっぱというか工夫が無いというか実用最優先というかシンプルイズベストというか、とにかく面白みがありません。そういう人はT42でも買いなさい、ということなんでしょうか。

といっても、やはりThinkPadの名を冠するだけあって、作りはしっかりしてますね。14インチ液晶と大型の液晶を採用しているのですが、ヒンジ部分もしっかりした作りになっていて、がたつきもありません。ただ、TrackPointがゴムキャップの新しいものになっているのですが、これは前の方が使い勝手良かったような気がします。

ちなみに、一番驚いたのはACアダプタのサイズでしょうか。



…こんなに違ったりします(´Д`;)
40W対120W(!)ですから、サイズもこれくらい違うのでしょうが…それにしてもでかいーーーーー。
やっぱり、どう考えても持ち運べるノートパソコンじゃないですよね、G40(´Д`;)
2004年6月17日(木)  No.98

エルフのパンチラ(´Д`;)
昨日更新しようと思っていたのですが、HDDが吹っ飛んでそれどころじゃなかったので、今日の日記もう1つ追加〜

リネ2ですが、月3,000円とのことで割と高い感じ。ただ、キャラを1サーバーあたり8人作れるっぽいので、ラグナロク2アカウントで6キャラとすると、良い勝負かもしれません。ラグナロク、2アカウント以上課金している人も結構いるような感じですし。
ラグナロク、一時は1ワールドあたりのキャラが3キャラ以上に増えるんじゃないか、という話もあったようですが、そんなことをすると収入が減る(キャラの数が増えると2アカウント課金しなくても良いetc)ので、そんなことはあり得ないでしょう(´Д`;)

今月25日からリネ2の課金が始まるので、ウチはレベル4の時点でリネ2は終了になるヨカン。そういえばSealOnlineは風来坊のジジイを見つけて寝ることができるようになった時点で辞めちゃいましたし、天上碑は木の人形を殴っているところで飽きて終了。NavyFieldは船を造った時点で終了(爆)。結局、長続きしたのはラグナロクくらいだったりします。ラグナロクは複雑じゃないのが、とっつきやすくて良いですよね。

前の日記でリネ2のパンチラについて触れたんですが、パンチラ、喜ぶ人もいればいやがる人もいるわけで、あそこまで露骨なのはどうかな…という感じなのであります。飽食気味どこじゃなくていい加減にしろーという感じ。
人により感じ方は違うと思いますが、例えば女性プレーヤーが女性キャラを使っていて、そのキャラがパンチラしまくりだと、あまり良い気分ではないと思うんですがどうなんでしょう。ラグナロクも女性のプリーストが死亡したときのグラフィックがパンチラで、これが嫌だという人も割と多かったようです(現在は修正されています)。

そのうち、MMOの世界でもセクハラ問題とか起こりそうな感じですよね。圧倒的に男性ユーザーが多いとはいえ、女性にも気を配った作りになってくれればいいな、とか思っています。女性から見てこういう問題ってどうなんでしょ?



戦っている女性エルヴンファイターを後ろから見たの図。下着のレース模様まで再現されているとわ…_| ̄|○
まあ、ダークエルフなんてほとんど裸っていうかなんていうか以下略。

▽リネージュ2公式
http://www.lineage2.jp/
2004年6月16日(水)  No.88

ふぁむ  2004/06/16/08:38:30   No.89
裸って言うなぁ0・(ノД`)0・。

なるる  2004/06/16/12:00:36   No.91
ヒューマンメイジが魔法を唱えたとき、スカートがひらひらするのが結構可愛かったり。
製品版では防具?に下着が追加されるそうですよ。
レースのショーツ40K!とか取引されるのかな?

文月  2004/06/16/17:01:14   No.92
ちと日記のネタと外れますが
A3がパッケージの予定の絵とかが好きでちと気になってます。

かつらぎ [URL]  2004/06/16/20:39:51   No.93
でもラグナは1dayがあることが大きいですからのぅ…。
2ndも常時課金するなら確かに頷けますが…。

ちょも  2004/06/16/23:55:56   No.96
シルクや純白のアンダーウェアとかあるみたいですね。でも、ミスリルは冷たそう。魅惑のアンダーウェアとかってナンデスカ…

検索してみたら、コットンのアンダーウェアの画像発見ー
http://lineage.kenrr.com/item/armor/55-3.jpg

…エロゲですか(´Д`;)

ちょも  2004/06/16/23:58:22   No.97
ラグナの1dayチケット、便利ですが入手性がよくありませんからね〜。ネットカフェ行かないと買えないのが欠点というか。
ネットでまとめ買いできると便利なんですが、そうすると2垢以上課金する人が減ってしまう訳で、実現しなさそうな感じです。

上の画像はlineage.kenrr.comに載っていたものです。個人的にこれがいかしすぎというかインパクト大です(笑
http://lineage.kenrr.com/item/armor/55-14.jpg

ケルベロス  2004/06/17/18:56:19   No.99
これだからエルフはエロフと呼ばr(略
そういえばオークも露出多かった気が

柚*  2004/06/17/19:34:43   No.100
女性としての意見ですが、結構まっぷたつですね。
「女性をふしだら(言い過ぎ?)な目でばかり
見ているようで、ちょっといやだ」
っていう意見と
「イイ!なんでもあり!どうせ二次元だし(*´ω`)」なーんて意見も。
あくまで二次元で妄想(?)ですし、ありなのかなぁ。
リアルでパンチラしてるミニスカ女子高生よりは…
(ほら、後ろからオッサンが見てるぞっ(笑)

真木瀬ゆうじ  2004/06/21/21:08:23   No.102
このゲーム、プレイできる環境のお持ちの人ならまだマシなもんですよ
私のところなんてADSLでログインすらできない環境ですからどうのこうの言えないタチですし…私>おぱんちゅ
それにしても確かにグラフィック等の素晴らしいところが沢山あるとはいえ3000円ってのは結構ネックかと…2000円きっかりならWM綺麗に消えるんですけどね…
最近この手の超高速回線を用いたオンラインゲームが増えてきてかなり凹んでます

ちょも  2004/06/23/19:07:44   No.106
ゲームのグラフィックがどんどん進化して、ハイエンドのPCが必須になりつつありますよね。ゲームのためにPCを買うというのもありでしょうが、そう簡単に買えるものでもなく。
その点、ラグナロクはバランスいいと思います。GeForce2MXでも遊べるのが手ごろ感があるというか。

黒のアプティバ(古
HDDが無いとマシンが動かないってことで、HDDを買ってまいりました。Seagateが音も割と静かめで良いとは解っているんですが、差額が+2,000円だったので諦めることに。予算1万円で考えていたので、なにか良いの〜と探していたところ、該当するのがMaxtor、WesternDigital、日立の160GBモデル3製品。
WesternDigitalは最初の頃は静かなんですが、使っているうちにモーター音がとてつもなくうるさくなるのでちと遠慮(速度も他社に比べて若干遅め?)、Maxtorは立て続けに壊れているのでこれも遠慮、日立はIBM時代(IC35…AVVA07の頃)音がかなり大きめだった印象があるのですが、最近のは流体軸受けになって他社並みになったとのことなので、日立の160GB、キャッシュ2MBのドライブを税込1万円弱で購入。

さっそくWindowsXPをセットアップし、アプリも入れようと思ってPhotoshopCSをインストールしたところ、アクティべーションではねられる始末(泣)。どうやら、昨日認証した時点でインストール制限に引っかかってしまった様子。まさかインストールした即日にHDDが飛ぶなんて思ってませんでしたからね(;
夜遅くにインストール作業をしていたため、サポートも営業時間内ではなく、しょうがないので後日電話でアクティべーションを行うことに。アクティべーション、ひたすら面倒だ…

その後、シャットダウンをしようとするとフリーズするという謎現象に陥り、修復セットアップで一時的には回避したものの、再度症状発生。もしや…と思い、MTV2000を削除してみるとサクサクとWindowsをシャットダウン出来るので、どうやらMTV2000周りでトラブルが起こっている様子。
デバイスを削除して、MTV2000が刺さっているPCIスロットを変えてみたところ、とりあえずはちゃんとシャットダウンできているみたいです。でも、なんか不安だ…。
MTV2000、結構熱を持つので本当はスロット1つ空けたかったんですよねー。

できあがったサブマシンがこれ。



筐体は現品処分で購入したフルアルミ筐体。かなり分厚いアルミを使った、組み合わせもしっかりした、がっしりとした作りの良い筐体です。マザーボードごと後ろに引き出せますし。フロントフェイスもアルミ製。これにNextWaveの400W静音電源が付いて8,000円程度でした。安い〜。ただ、メーカーがどこだか不明だったりします。
ネックなのは、ドライブ類にガイドを装着してからスライドさせて装着タイプなので、ファンコンや5インチベイ→3.5インチベイ変換アダプタなどが装着出来ない点。それに正面から向かって右側の側板はリベットで固定されているのではずせないのもマイナス点かな。

突っ込んであるドライブは、一番上がMacintoshG4 Gigabitに内蔵されていたDVD-ROMドライブ。残りの2つがPlextorのPX-W124TSi。CD-R12倍速という過去の遺物ですが、ライティングの性能は価格相応のものがあると思います。今時のドライブと違い、出来はもの凄く良いですよね。
ただ、SCSI接続っていうのが泣けるというか…。他のタスクで作業をしていても大丈夫だったり、ATAPIのように負荷が高くないという点は優れていますが、ブート出来ない(使っているSCSI I/FがBIOSの無いAHA-2910なのです)点がかなりマイナス。というわけでDVD-ROMドライブはATAPIなのです。
ちなみに色はMr.Colorのつや消しブラックを使って自分で塗ってあります(爆

続いて内部写真でも。



電源はEnermaxの350W(だった筈)。マザーはGigabyteのGA-8IHXP(rev2.1)。ダメマザーとして割と批判的な意見も多いようですが、ウチでは安定して動いています。6層基盤だしUSBも10ポートあったりと、割と良い感じ。メモリはInfenionのPC800-ECC 256MBを4枚、CPUはPentium4 2.8GHz。旧メインマシンだったのでスペックがかなり豪華な気が…。ビデオカードは笊化したAsus製GeForceFX5700。メインマシンがParheliaで3Dがしょぼい(Xeon2.66GHzで3Dmark2001SEが7000台…)為、3Dが動くようにとビデオカードはDirectX9対応品を。ミドルクラスはATiよりもnVidiaの方がパフォーマンス良いですね。



CPUファンはCoolerMasterのCyprum…なんですが、改めて音を聞いてみると、これ、そこまで「静かだっっっっ!!!」って訳でもないですね。ただ、耳に付きやすい高周波の音が出にくいのは利点でしょう。余談になりますが、Pentium4のリテールファンには、山洋、NIDEC、フジクラ製のものがありますが、個人的に好きなのはフジクラ製。小さいファンが沢山付いているやつです。NIDECのは特有の軸音がするし、山洋のは割と音が高いんですよ。

ZalmanのZM-HP80Cに付いているのはNIDECの8cm薄型ファン。5Vでぬるく回しているのでそんなにノイズは出ません。ファンが妙なところにマウントされているのは、下にあるチップセット用ヒートシンクにも風が当たるようにしてある為です。チップセット用ヒートシンクに小さなファンが付いているのですが、コイツが素晴らしくやかましいので取り外してあります。CPUクーラーに少し被さっているダクトは、外気吸気用のもの。中に9cmファンが入ってます。排気で使おうかとも思ったんですが、この筐体フロントからのエアフローがあまり良くない気がするので(あまり隙間が無い)、外気を吸気してCPU周辺に涼しい(?)風を送るようにしてあります。

側板にスポンジ材を貼り付けてあるので、蓋を閉めればかなり静か…というわけにも残念ながらいかないようです。内部の音が電源ファンを通じて漏れ出すんですよねー。こればっかりは、電源ファンの排気部にダクトを付ける等の対策をしないとダメそうですが、メインマシンよりは静かなのでまあいいか、という感じです。
それにサーバーと違い、寝ている間に稼働することはほとんどありませんし。

初めて黒い筐体で組んだPCなんですが、黒いマシンって良いですね。
2004年6月16日(水)  No.87

トト [URL]  2004/06/16/10:28:32   No.90
うちのマシンは黒い筐体使っています。
白いROMはMr.Colorで塗るといいんですね
今度やってみます(笑)

ちょも  2004/06/16/23:41:42   No.95
まずトレーを出してトレーについているフロントカバーを外します。その後フロントフェイスを取り外してください(大抵、数カ所ある爪を外すと簡単に取れます)。
フロントフェイスには、アクセスランプ用の透明なパーツがありますので、塗装前に取り外します。
あとは、スプレー塗料(油性がおすすめ)を使って塗装してやればOK。ちょっと遠くから、何回かに分けて塗装するのが綺麗に仕上がるコツですね。

HDD…
大学で購入したLet'sNote CF-R3をセットアップするので借りてきました…というかセットアップよろしくねと渡されました(爆)。バッテリー9時間、重量990gという計量モバイルノートなんですが、いや、これいいですわ。分厚いんですが、片手で持つのにちょうど良い感じ。やっぱりノートパソコンは1kgを切る重さじゃないと持ち歩く気になりませんね。

持論なのですが、持ち歩こうと思う最大の重量は、1kgだと思います。1.2kg級のノートパソコンもよく見かけますが、この200gの差ってあとからじわりじわりと効いてくるんですよね…。ACアダプタ込みはさすがに酷なので、バッテリ装着済みで重量1kg。これくらいだと持ち歩こうという気になります。厚さは薄いに越したことはありませんが、重量の方が重要かな。SONYの505Extremeは薄くて軽い究極のノートですが、いかんせんあのキーボード配列とポインティングデバイスは使いづらい気が。

ちなみにデジカメは100g。大きさよりも重さでしょうか。デジカメは気軽に持ち歩けるのが一番ですから。撮ったその場で確認出来て消すのも簡単というデジカメの利点を生かすのは、やはり普段から持ち歩いていわゆる「ビジュアルブックマーク」的な使い方だと思います。が、しかし、気軽に持ち歩くにはやはり重量がネック。というわけで100gなのですよ。ウチ的お勧めはPENTAXのOptio4Si。実機をさわっていじってみましたけど、レンズ周辺のPENTAX PENTAX PENTAX PENTAXっていうロゴを除けばいいですわ、これ。

というわけで、おもちゃが届いた事ですし、インプレでも書くか〜〜〜と思ったら、なんかサブPCのHDDにエラーが(;

余っていたMTV2000を繋げてキャプチャも出来るぜ〜ビデオカードもDirectX9対応でゲームもできるぜ〜なPCに組み直したのであります。で、このPCを置くために取り外したLDプレーヤーを廃棄というかしまい込む前に、LDで持っているジブリ作品をキャプチャしてDVDにするか…と思い、キャプチャをしていたところ、HDDからカターンという嫌音が。

おそるおそる再起動をしてみるものの、見事BootDisk Failerの文字が。がーーーーん…せっかくWindowsをセットアップして、PhotoshopCSのアクティべーションまで行ったのに…。
MaxtorのHDDなので、とりあえずPowerMax(MaxtorのHDD検証ツール)を使ってテストしてみると、がーん、エラーががががが。サポートに連絡しろっていう、前にMaxLineIIを3台壊したときと同じやつです(壊すな)。
もしかしたら生きてるかも…という一縷の望みを託してローレベルフォーマット中。使えるといいんですが。

なんか最近HDD壊れすぎ。MacintoshのHDDは吹っ飛ぶわ(ただし、物理的には壊れてない感じ)友人から譲って貰ったIBMのHDDはクラッシュするわ(徐々にBIOSから認識しなくなっていった上に、特定のセクタでひっかかるので、怪しいと思いDriveFitnessToolsを使ってエラーチェックしていたら昇天)、次はサブマシンのHDDかい〜〜〜〜〜〜っと、3台トラブルに。容量はそれぞれ40、60、80GB。次は120GBが壊れるに違いない…_| ̄|○

中古で売り飛ばしたPC関連パーツの収入がちょろっとあるので、とりあえずHDDを1台買ってこようと思っています…が、なにを買うかなぁ。SerialATAのカードが余っているので、せっかくだしSATAにしようかとも思うんですが、MaxLineIIが謎の死亡を3回も繰り返した影響で、なにやらSATA不信状態に。むむ、あれはきっとMaxtorと相性が悪かったに違いない。というわけでSeagateのSATAとかなら大丈夫か!?

千葉のDOS/Vパラダイスでも行って見てこようかな、とか思ってます。秋葉と比べて+1,000円くらい割高なんですが、秋葉まで行く交通費&時間を考えると割安かな、という感じ。でもなー、SeagateのSATAモデルはなぜか2,000円くらい高いんだよなー。2,140円で秋葉まで往復出来るので、2,000円は微妙な感じ。別にSeagateに限定する必要はないのですけど、Maxtorは2台(Macを入れると3台)トラブルが起こったのでちと怖い感じ。WesternDigitalは割と好きなんですが、使っているうちに騒音がでかくなるので遠慮したい感じ、日立はどうもIBM時代のうるさいイメージがまだ残ってるので…結局Seagateなのかなぁ。

サーバーに120GBが3本入っているので、これを1台抜いてもいいんですが、またサーバーをいじるのも面倒なので遠慮したいですし。Macに突っ込んであるWD800JBをサブマシンに移してもいいんですが、こいつはかなり回転音が素晴らしいことになっているので、静音化したPCにやかましいHDD突っ込んでどうするんじゃーという気もしますし。信頼性だとどこがいいのかなぁ…
2004年6月15日(火)  No.83

文月  2004/06/15/17:42:26   No.86
私もあんまり詳しくないのですが比較的Seagateは評判良かったはずでず。
騒音といえば静音を追求したモデルがあったような?(今もあるのかな?)
もしくは回転速度遅いモデルというのもありかもしれません〜

ちょも  2004/06/16/23:38:33   No.94
Seagateは音も比較的静かで評判いいですよね。ただ、他社製品と比べて2,000円ほど割高だったのが…。他社で160GBのドライブが買える値段で120GBしか買えなかったため、結局日立製のドライブにしました。

FMV-KB311
今日はキーボードについて。

サブマシンを組み直した(というより余ったパーツで1台出来た…)のですが、キーボードが新品380円という、驚異的な代物だったために、どえらく使い勝手が悪かったのであります。まあ、動作確認などで文字入力さえ出来ればいいや〜という感じで購入したキーボードですから、しょうがないんですけど。
しかし、そのままではあまりにも使い勝手が悪いために、富士通高見澤コンポーネント(現富士通コンポーネント)のキーボードに交換なのであります。

1994年製のFMV-KB311というキーボードなのですが、富士通高見澤コンポーネント製品らしく、キーストロークが浅く、サクッとした打鍵感が特徴です。逆に言うとふにゃふにゃというか…。キーストロークが浅いのはちょっと違和感がありますが、東プレのRealForce106と全体的なフィーリングは似ているので、結構気に入っていたりします。
もっとも、RealForce106との最大の差は、押し切った時の感触でしょうか。どうしてもFMV-KB311の方が「ゴム感」がして、キチッとした感触じゃないんですよね。

大学で、昔にこのキーボードをさわっていた時があるのですが、そのときはこのふにゃふにゃ感に相当違和感があり、めちゃくちゃ使いづらかった記憶があります。その当時はALPSのメカニカルスイッチを採用したキーボード(しかもめっちゃキーが堅いやつ)を使っていたので、違和感ばりばりだったのかもしれませんね。
それが、次第に軽いキーボードを好むようになり、RealForce106で慣れてしまった自分としては、今ではFMV-KB311のような「軽い」キーボードが好みだったりします。手が疲れないのもいいのですよ〜

このFMV-KB311の後に出たキーボードとして、FMV-KB321というのがあるのですが、構造は似ているもののフィーリングはかなり違います。FMV-KB321の方がよりチープになっているというか、キーの遊びがよけいに増しているというか、そんな感じ。しかも、FMV-KB311はキーを押すと「スッ」と入る感じなのに対し、FMV-KB321は「カチャ」というおもちゃっぽい感じで、好んで使いたいとは思いません。デザインもFMV-KB311の方がシンプルで秀逸ですので、こちらがおすすめかなぁ。

94年では、PCも価格競争に入り始めた頃ですので、お金がかかった作りのキーボードも少ないと思いますが、今時のキーボードよりもしっかりした作りのものが多い気がします。もう10年ほど前になると、メカニカルのものすごく作りのよいキーボードだったりします。X68000やPC-9801の初期、あるいはIMBの5576-A01、DELLのメカニカルなど、今でも評価の高いキーボードって結構多いですよね。ただ、今のキーボードよりも、全体的にキーが重めな感じがします。

今時のPCについているキーボードってほとんどさわったことが無いのですが、それほどキーボードに力を入れている会社って少ないんじゃないかなぁ。パソコンを買うときにキーボードのフィーリングを気にする人って少数派でしょうし、そういう人は自分にあったキーボードを買う訳で、それにメーカー側もキーボードに1万円とかかけていられないでしょう。それならメモリ増やしたりと、スペックに現れる違いにお金を使いますよね。

PCを買ってきた時に一緒についてきたキーボードをそのまま使っている方も多いと思いますが、パソコンを直接操作する重要なパーツですので、一度いろんなキーボードをさわってみるのもおすすめです。
2004年6月11日(金)  No.77

トト [URL]  2004/06/12/02:55:38   No.78
私はFMV-KB321使ってます、最初に買ったのがFMVなのでそれに付いてきたのとヤフオクで1つ買い足してます。

コピーをCtrl+Insert、ペーストをShift+Insertでやっているので、最近のキーボード配列は自分には使いにくかったりします。
普段のクセでやったらPrintScreen押してしまいます(笑)

サクラトップガン  2004/06/12/15:48:37   No.79
自分もRealforce106ユーザーだったりします。ですが、あまり文章とかは打たないので恩恵は受けにくい状態です。
 最近のメーカー製という点では去年の初め頃に買ったDellのDIMENSION8250についてきたキーボードは堅くて使いづらく今は押入の中で眠ってもらっています。
 

文月  2004/06/12/23:11:22   No.81
一時期マウスには凝ってた事がありましたがキーボードはなかったです
自分をキーボードに合わせてたかんじで(笑
一度みてみるのも面白そうっすね〜

すかあは [URL]  2004/06/13/10:30:43   No.82
キーボードは・・・初めて自作組んだ時に買った、980円の英語配列を使っています。
PC-98を長いこと使っていた関係上、スペースバーが大きくないと違和感があるので、
もう7年も使っています。ボロボロです(汗

ちょも  2004/06/15/02:01:10   No.85
FMV-KB311、唯一の不満がファンクションキーと数字キーの間隔でしょうか。普通は1cm程度ですが、こいつは倍の2cmくらい離れているんですよね。おかげで、キーボードの手前に手を置いた状態で、ファンクションキーを楽に押せないのであります。手を持ち上げてファンクション押すの面倒…

iPod Access
HDDが吹っ飛んだウチのMacintosh、何が痛いってインストールしたアプリよりも何よりも、iTuneに突っ込んである音楽データ。Appleのサイトを見てみると、定期的にバックアップを取らないと、HDDが消えた際には購入した音楽なんかも全部消えるよー…と書いてあるではないですか。トホホ…

数十枚ものCDを再度AACに変換する気力もないし、かといって13GB程詰まっている曲を消さないで残すという訳にもいかないのであります。著作権保護は大事だって事は十分解るんですが、もうちょっと融通が利く仕様にしてくれー(;

そういえばWindowsのユーティリティで、iTuneなどを介さずに直接音楽データをiPodとやりとり出来るユーティリティがあったことを思い出し、Macintosh版で似たようなものが無いのか検索してみたところ、iPod Accessというツールを発見。
試しに使ってみたところ、レジストしていないので使用制限はあるものの、見事に曲データの吸い出しに成功ヽ(´▽`)ノ

データベースのエラーチェックや全体のバックアップにも対応し、OSX10.3や日本語タグ、PCフォーマットのHDDにも対応している優れものだったので、クレジットカードでレジストすることに。料金は10ドル、ジャパニーズ円だと\1,200でした。
レジストしてバックアップ機能が使えるようになったので、現在iPod全体のデータをHDDに吸い出し中。便利なソフトがあって助かったっす(;

iPod Access v3.1.5
http://www.findleydesigns.com/ipodaccess/
2004年6月11日(金)  No.76

リネII
最近ブロードバンドが普及しているせいか、やたら重たいサイトが増えてきた感じがします。たまたま外出先でWebを見ていたところ、マツダが新しい車を発表するとかいうことで、ちょろっとマツダのサイトを覗いてみたのですが…容量数百KBのFlashが大量に使われていて、とても64Kbpsの速度では見られない状態に。
他にもメインメニューがFlashでISDNやPHSからではアクセスしたくないサイトが大量にありますよね。indexにTEXTバージョンへのリンクがある所って、割と少ない感じです。

「64Kbpsで繋いでるユーザーは見に来るな」って事なのかもしれませんが、ADSLやFTTHが引けずにISDNを使っている方もまだいると思いますし、この辺どうなのかなーという感じ。軽量なtext版のhtmlを作っても、見る人はあまりいないかもしれませんけど、逆にナローバンドを使っている側としてはtext版があると無いとでは大違い。個人のページではなかなか難しいかも知れませんが、企業のサイトなどでは出来ればナローバンドにも対応して欲しいところであります。

先日、ちょっとだけリネージュ2を再開してみたのですが、前よりは酔わなくなった感じ。たぶんカメラアングルとかが関係しているのかな、と思ってみたり。それに、メインマシンよりも3DがパワフルなPCで遊んでいたので、動きがスムーズで酔いにくかったのもあるかもしれません。

それにしてもリネージュ2、やけにパンチラが多い気がするんですが(笑)。しかも下着のレース模様までちゃんと描かれてるし。しかもやたらに女性キャラがセクシーというかなんというか。色っぽいですよね。ダークエルフはちと露骨すぎですが…。
そういや韓国では下着がブーム(?)らしく、リネージュ2でも下着を交換出来るとか出来ないとか。なんだか、MMOが違う方向に進化している気がします(爆

6月末から課金が始まるそうですが、月3,000円でしたっけ、確か。ラグナロクが1,500円ですので倍の値段。でも、1アカウントに作れるキャラも多いですし(ラグナは3キャラ)、そう考えるとキャラ数確保の為にラグナを2アカウント課金しているのと同じなのか、とか思ってみたり。
それに、あれだけの作り込みだと、値段が高いのも納得という感じです。いやー、グラフィック凄いですわ。FFXIはプレーしたことが無いのですが、どんな感じなんでしょ。

最近MMOがやたら増えてきましたが、今サービスを提供しているMMOってどれくらいあるんでしょう。恐らく日本でユーザー数が一番多いのはラグナロクだと思いますが、ラグナロクは割とサービスが早かったのもあって、引退した人も割と多い感じ。ラグナは簡単なのでMMO入門編としてはいいですよね。リネージュ2は何をしていいんだかさっぱりという感じでした(´Д`;)
ただ、リネージュ2は逆にそれだけ奥が深くて、はまると抜け出せないのかも知れませんね。
2004年6月10日(木)  No.75

文月  2004/06/12/23:09:17   No.80
FF XIやってたんですが、下着とかパンチラとかは少ないっすよ〜、FFは。
グラフィックは、まぁ、あれはそれなりに綺麗に見せるにはパワーいりますねぇ。
現状は去年末にスクウェアが外国人も日本人と同じサーバーに詰め込む方向にしてしまって今からやるには英語必須すねぇ、日本人は英語敬遠して低レベルに居るのは少なくなってしまって・・・ 
でも、面白かったですよ〜FF XIも。

ちょも  2004/06/15/01:59:16   No.84
元々日本のコンシューマで育ったゲームなだけに、パンチラとか少ないのかも。
リネ2、パンチラ過ぎて飽きますよ、ありゃ。パンチラ良い!って方もいると思いますが、万人にとってそうではないわけで、好き嫌いが別れそうな感じです。
特に女性プレーヤーとかどうなんでしょう。

久々に〜
Macintoshを起動したら、起動しない…_| ̄|○
しょうがないのでDVDドライブを繋ぎ変えて(MP9120だとCキーブートが不可なのです)CDから起動してみたところ、どうやらHDDが吹っ飛んでいる様子(;
ロジックが壊れた時に、一緒にHDDも交換してるんだけどな…またおしゃかですか(;

しょーがないので、適当な40GBとかのドライブをどっかから調達して、それにOS入れ直しということになりそうな気配。
それよりも面倒そうなのが、iPodに入っている曲。iTunesは著作権云々の問題で、iPod側から曲を転送出来なかったような気がしなくもないのですよ。確か前に別のHDDにiTunesを入れて、iPodの中を覗いたら転送出来なかった記憶が。

吹っ飛んだHDDもまだ読めるらしいので、曲のデータだけサルベージ出来ればいいのですが、消えたとなると、またリッピングやりなおしか…(;
なんか良い方法無いのかな〜
2004年6月7日(月)  No.73

プラスe
ガストなどで良く見かけるプラスeってありますよね。液晶ディスプレイにゲームや占い、CMなどを流しているものなんですが…どうもあの端末が置いてあるテーブルに案内されると、気になってしまってしょうがないんですよね。

今時珍しいのかもしれませんが、ウチは食事の時にテレビを見るという習慣がありません。というより、テレビを見る事自体ほとんど無い(見てもNHKのニュースくらい?)ので、テレビって基本的につけないんですよね。1週間のテレビの視聴時間って、たぶん2時間とかそこらじゃないかな…。

そういうこともあって、どうも映像が動いていると気になってしょうがないんです。食堂とかでテレビを置いてあるところも結構ありますが、そっちばっかり気になってしまい、気が散ってしょうがないという感じです。なので、テレビがある店の場合、なるべくテレビに背を向けて座ろうと思っているんですけどね(^^;;;

それが、机の脇に液晶モニタが置いてあって、CMだのゲームだのが動いていたら、気になってしょうがないんですよ。普段から特に見ることが無くてもテレビを付ける、という習慣があればスルーすることも出来るんでしょうが、テレビ慣れしてないので、どうしても動いている方に注意が行ってしまうというか。というわけでウチはあのプラスe端末はどうも苦手だったりします。

先日行ったガストも、運悪く(?)プラスe端末に案内されたのですが、そこで思わぬ物を発見(笑



HDDの異常を検出するSMARTという機能に引っかかって、HDDを交換しろ〜〜〜というメッセージで停止しておりました(爆)。
というわけで日記のネタとして写真をカシャ。

BIOSの画面から、マザーはASUSのTUSL2-M(815EのMicroATX)、CPUはCeleron900、メモリは128MBでHDDがMaxtorの4K060H3(5,400rpm、60GB)といった感じのスペックらしいです。
OSは確かWindowsMe。メンテで再起動しているところを見たような覚えがあります。
もっとも、128MBのメモリでWindows2000系のOSはきつそうですけどね(^^;;;

プラスe、出来ればモニタのON/OFFが出来るスイッチが欲しいところであります。
気が散ってしょうがない…
2004年6月6日(日)  No.72

ISS  2004/06/08/01:38:37   No.74
ガラスの映りこみでしょうか?
ガストのメニュー表が写っているみたいです

プリンタのインクとか
Techsideさんを読んでいたら、インクが無くなったEPSONのインクカートリッジにどれくらいのインクが残っているか絞ってみました…なる記事があって、こんなのがあったのを思い出しました(爆



えー、これは何かと申しますと、PM-3000Cのインクカートリッジから抜き出した、イエローとシアンのインクだったりします。入れているのは、昔に買ったカセットデッキのクリーニング液が入ってたビン。キャプスタン/ヘッド用とピンチローラーの2つのビンしかなかったので、他の色は捨ててしまいました(´Д`;)

何本のカートリッジから吸い出したインクか忘れましたが、PM-3000Cは本体よりもインク代の方が高くなるくらいインクを交換しまくったので(同人で酷使されました…)、かなりの量っぽい気もします。50mlとかはあるんじゃないでしょうか、たぶん。
ただ、PM-3000Cはカラーインク一体型だった為、ランニングコストが素晴らしく高く、特にイエロー、シアンはあまり使わなかったので大量に余っているのかと思います。

そういえば、エプソンって一時期「一体型インクで経済的」みたいな事を言っていた気がするんですが…(´Д`;)

カラーインク、何を印刷するかにもよりますが、ウチのCGは薄い色が多いこともあって、蛍光色(ライト系インク、ライトマゼンタやライトシアン等)を大量に消費します。そのため、一体型インクだと、シアンやマゼンタ等の濃い色はほとんど使わずに、蛍光色だけ使い切って廃棄することになります。もったいないー。
というわけで、もったいないから吸い出してみようってことで吸い出してみたものの、まあ使わないわけで…。かといって下水に流すのも自然に良く無さそうな訳で、処理に困って放置していたら忘れていた訳です。

インクジェットプリンタのインクって、プリンタが「インクが無くなりました」とご丁寧に教えてくれる訳ですが、実はインク残量をプリンタが確認している訳ではないんですね。プリンタのインクカートリッジにはICが埋め込まれていて、そこにどれくらいその色を使ったかという情報が入っているんです。で、規定量に達するとインクが無くなったということで、インク切れとなる訳。車に例えると、ガソリンの残量を確認してエンプティーランプが点くのではなく、燃費と走行距離を計算してエンプティーランプが点く訳です。

ちなみに、下の写真はPM-4000PXのインクに付いている、ICの拡大写真です。ここにインクの消費量などの情報が確認される訳ですな。


ここで思うのが、ギリギリまでインクを使うようになっていた場合、実際にインクが切れてしまったらマズイ訳で、そうなるとインク切れとなっても、実際は結構インクが残っているのでは…という事。余裕を見てインク切れサインが出ると思うのですが、ここら辺、インクを早めに交換させてサプライで儲けようというメーカー側の意図が見えなくも無い気がします。インク高すぎじゃー。

話がちと脱線したので戻します。実際のインク残量ではなく、インクカートリッジに埋め込まれたICで確認しているということは、当然一度外したインクカートリッジを再装着しても、例えインクが残っていたとしても空だよ〜と言われる訳です。
逆に言えば、ICの情報さえリセットしてしまえば、インクが無かったとしても新しいインクだと勘違いする訳で、そうすれば最後の1滴までインクを使うことも可能です。

再生インクというか、インク補充キットを作っているメーカーがこうしたICをリセットする機械(数千円)を売っていますので、それだけ買えば最後まで絞り出すことも可能…ですが、印刷している最中にインクが無くなるのも割と悲しいので、やっぱりインクは交換したほうが良いのかもしれません。

再生インクって一時期使っていたんですが、割と微妙なんですよね…。レーザープリンタの再生トナーは価格のメリットももの凄い(純正3万円、再生品7千円とか)上に品物も大して差が無いので良いんですが、インクジェットの、特に自分で詰め替えるタイプのものは、詰め替える作業が面倒な上に、価格差も一般的な利用であればそれほどメリットも感じられなかった為、結局純正インクになってしまいました。補充する際に万一こぼれた時の事とか、色々考えると面倒な感じ。

それに、レーザーと異なり、インクの差がモロに画質に出るんですよね。やっぱり純正が一番っぽいです。
といっても、一日中フル稼働しているような使い方だと、わずかなランニングコストの差でもトータルすると相当の金額になりますから、再生インクもメリットがあるのかもしれません。

インクカートリッジの無骨な作りを見ていると、わざとインク補充をしにくい作りにしているようにも見えるんですが、この辺どうなんでしょうか(^^;;;
エプソンやキャノンが顔料系に走ったのも、インクの耐久性などのメリットもあるんでしょうが、再生インクを作りにくくするという狙いもありそうな気配。
2004年6月1日(火)  No.71

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
[日記一覧] [最新]
shiromuku(fs2)DIARY version 1.40