2006年4月の日記

2006年4月24日(月)
SERIALATA1.5-PCI
2006年4月14日(金)
ファイブスター物語
2006年4月13日(木)
デュアルディスプレ..
2006年4月5日(水)
CoreDuo
SEOとか
SERIALATA1.5-PCI
これから夜勤のために電車の中から日記更新なのであります。

先日、昼休みに久しぶりにアキバに行って参りました。最近はどんどん町並みが変わっていって、昔のマイコンとオーディオの街だったころが懐かしかったりします。買ってきたのは会社で使っている自分のPC用のHDDなのですが、いやー、安くなりましたよね、HDD。250GBが1万円以下ですから。1TBが4万円で構築可能な訳ですよ。すげぇ…

最近肥大化する一方のHDD容量ですが、今度750GBのモデルが出るとか。160GBプラッタ4枚で実現するのかな?昔は数十MBだったのが、今では3桁GBですから、時代の進歩はすごいものです。でも、その反面壊れやすくなっているような気もします。昔のHDDって今でも元気に動いているものも多いのですが、最近のHDDは割とすぐ壊れるものは壊れるというか…しかも容量がでかいだけに、壊れたときのダメージが半端じゃないのが痛いですよね。

買ってきたのは個人的に好きなSeagateの300GB。キャッシュ16MBってすごいですよねぇ。数年前にWesternDigitalがCaviarの特別モデルでJBってのを出したんですが(確か初代がWDAC800JBだったかな?)、主にパワーユーザー層の支持を集めて割と売れたこともあって、一気にバッファサイズが2MBから8MBになったのが始まりだったと記憶していますが、今では16MBですよ、16MB。10数年前のPCのメモリ量くらいですよ(笑

ちなみに、何でHDDを買ってきたかと申しますと、HDDがキュィィィィ〜ンという回転音とともに、キュワン、キュワン、キュワンって規則正しい音のハーモニーを奏で始めたこと、あとは$MFT(だっけ?)に書き込みが出来ないぞっていう、なにやら恐ろしげなWindowsの警告が出てきたことがきっかけです。壊れてからじゃ遅いですし。今入っているのがWesternDigitalの40GBですが、割とWDって回転音がうるさく鳴りやすい(一昔前のMaxtor/connerとはまた違った、高い音がする)のですが、それにしても部屋に響くのはまずいだろ、ってことで(^^;;

SATAのドライブなので、使っているPentium4 2GHzのPCにはSATAなんてすばらしい機能はございません。ってことで、家に余っていたというか腐っていた玄人志向のSERIALATA-1.5PCI(だっけな?)を使って繋ごうと思っているんですが、このSATAインターフェース、アクセスLEDが無いんですよ。すごい不便。で、使うのをやめた記憶があるのですが、余らせておいてもしょうがないってことで、会社で使うことに。玄人志向のBBSに、アクセスランプを付ける方法が乗っていたのですが、文系のウチには無理なのであります。

一応ドライバを持って行くべ〜と思ってFDを探したら無かったこともあって、玄人志向のWebサイトへ。当然ドライバは存在せず、製造元メーカーのWebサイトに行ってダウンロードしてきました…が、日付がかなり古くて、確か2003年とか。いくらなんでも古いだろ、ってことで今度はSiliconImage社(載っているチップがSiliconImageのSil3112Aなのであります)のWebサイトに行ったら、ちゃんとありました、2005年更新の最新ドライバ。で、注意書きを見たらBIOSも更新しないと駄目だよーとのことだったので、ついでに最新BIOSもゲット。

基盤を見る限り、特別なこともしてないノーマルな作りのようだったので、メーカー製じゃないけどコントローラーを作ってるメーカーが出しているBIOSだから問題ないだろう〜ってことで更新してみました。ちなみに搭載されていたBIOSのバージョンは4202、最新BIOSは4270。
BIOSを更新する前に、正常にボードが動いているか試しに確認してみようと、サブマシンに装着してみたところ…起動しねぇ(爆)。って、割と定番のトラブル(?)なので、無水エタノールで端子部分をクリーニングしたらちゃんと認識ましました。OK。

WindowsXPからDOSフロッピーを作成して、FlashユーティリティとBIOSイメージをぶち込んで、再起動。その後

updflash.exe b4202.bin -id3112

と入力してFlashROMに入っているBIOSをアップデート。return code0が返ってきたので問題なく終了、再起動したらあっさりと最新BIOSになっておりました。
最新BIOSだと未接続の場合の処理が瞬時に終わるので、起動も速くなった様子。いい感じー。

で、ふと思ったんですが、これってSiliconImageからダウンロードできるRAID BIOSを入れたらATA RAIDとして使えるんじゃないかな…?3112A用に、nonRAID BIOSとRAID BIOSが提供されているのですが、今回は1台しかHDDを繋がないのでnonRAID BIOS(Basic BIOS)を入れましたが、もしかしたらRAID BIOSを入れればRAIDが組めるのかも。
2000円台で売っている激安インターフェースなだけに、RAIDで動けば結構安上がり?

ちなみに、後から気づいたのですが、これってシステムのプロパティからFirmWareのバージョンを上げられるんですね。すごいよー。って、もしかしたら最新BIOSと最新ドライバのセットだから提供される機能かもしれませんが、インターフェースカードのBIOSも簡単に更新できるのはいいことです。

もう一つ思ったのは、SiliconImageってPROMISEと違ってWebsiteが使いやすいですね。きちんとドライバやBIOSも公開していますし。PROMISEはめっちゃ使いづらいっていうか、Support関係がものすごく貧弱な感じです。メインマシンのマザーボード、NCCH-DLにPROMISEのRAIDが載っているんですが、ASUSにはVer1.0のドライバしか存在せず、FastTrakS150TX4(だったかな?)のドライバは使えないみたいな感じ。
versionが1.0で問題なくて、バージョンアップしてないだけなのかもしれませんが、普通あまりありませんよね、そういうことって(^^;;;
OEM向けでも使えるドライバとか用意してもらえるとありがたいんですけどねー。しょうがない、他のマザーに載っている同チップのドライバでも探してみますか…
2006年4月24日(月)  No.290

ファイブスター物語
アマゾンを見ていたら…

ファイブスター物語 (12)

うわ、ファイブスター物語の12巻が出てたのね…いつか買いますか(汗
ファイブスター物語って、忘れた頃に単行本が出るだけに、いつも出てから気づくんですよね。
そういえば最近本買ってないな〜

まだ購入していない貴方には↓
2006年4月14日(金)  No.289

デュアルディスプレイ
仕事で使っているPCが、Pentium4 2GHz+HDD40GBという貧弱スペックなのですが、なんか人間慣れるもので、別に遅い〜とは思わなくなってきているところが怖い感じです。家のPCと比べると遙かに遅いはずなんですけど、なぜかそこまで気にならないんですよね。Windows2000なこともあって起動がめっちゃ遅くて、缶ジュースを買いに行って飲み終わる頃に起動する有様ですが(^^;;;

最近のPCはCPUパワーが飽和してきていることもあって(エンコードや3Dなどでは足りない!ってことも多いと思いますが)、割と古いマシンでもどうにかなるんだなぁ、って感じです。もっとも、WindowsVistaは激重たいらしいですが(--;;;

と思ったら、いきなり電車が急停止した〜〜〜「ピピピ、緊急停止します。お捕まりください」って車内案内が自動的に出るんですね、今の電車って。
いつになったら動くのか不明なので、日記更新再開〜

最近のPCですが、地デジチューナーは搭載しているしワイド液晶だし、キーボードは格納できるし、ありとあらゆる装備が満載なものが増えてますよね。ワイド液晶テレビとHDDレコーダーとパソコンを別々に買うよりは遙かにやすいですよ!ってのがうたい文句らしいですが、PCとして見れば割高な訳で…個人的には中途半端かなって思うんですが、別々に買うことを考えると確かにやすいし、それにパソコンなんてそんなにしょっちゅう使うものでもない、って人も多いと思うので、そういう人にとってはいいのかも。

それよりも、パソコンは欲しいんだけど家族に買う口実が…とかいう際に、説得力があっていいのかもしれません。

ワイド液晶といえば、現在自宅で使っているモニタがSONYのGDM-FW900なんですが、最近わかったことはワイド画面よりもデュアルディスプレイのほうが効率いいかも、ってことだったりします。
職場の環境がSONYの20インチCRT(G520?だっけな)なんですが、かなり調整がしっかりしている個体だったので、たまたま余っていたGeForce2MX(!)のフィルタ回路をハサミでもぎ取って高画質化したやつに繋いでUXGA(1600×1200ドット)で使っているのですが、これがめっちゃ画質が綺麗なんですよ。ここまでクリアーなCRTって久々に見たかもって感じ。

たまたまそのGeForce2MXがTwinViewだったので、15インチ液晶をつなげて使っているのですが、これがすごい便利なんですよ。UXGAのフル画面でアプリケーションを使っていても、XGAエリアに表示できるので、通常はメーラーをサブディスプレイに表示しっぱなしにしてメイン画面で作業、DreamWeaverを使う時にはプレビューをサブウィンドウで行って(ユーザーの環境にも近いですし、便利です)メイン画面で作業、レポートを作成するときには、メモを記したファイルを秀丸で開き、サブウィンドウで見つつメインウィンドウで作業とか。
ワイド画面も便利なんですが、フル画面にすると画面を埋め尽くしてしまいますし、ウィンドウサイズをいちいち切り替えるのも面倒というずぼら人間なので、デュアルディスプレイってすんごい便利です。

理想はWUXGAにSXGAの環境かなーとか思うんですが(笑

それにしても、まだGeForce2MXが現役ってのもすごいような気が…。内蔵のビデオより高速?なのでいいかんじ。ベンチマークだと845内蔵の方が速そうですが、ビデオの転送でメモリ帯域を食われることがないので、体感では遙かにGeForce2MXの方が作業しやすいです。それに2MXはフィルタを取るのも簡単ですし。Radeon9000もあるんですが、こっちはUXGAは使い物にならない画質なのでお蔵入り決定。というか、よくこんな画質の製品を売るよなーと、ある意味感心するくらい使えません。なので、DVI対応液晶をゲットしたら使おうと思って、現在保存中です。

それにしても、液晶ディスプレイってどこまで安くなるんでしょうね…(^^;;;

2006年4月13日(木)  No.288

CoreDuo
しばらくPCから遠ざかっていたら、ずいぶんと変わりつつありますね。なんでもintelのCoreDuoの性能がすばらしいらしく。標準でSuperπ104万桁が30秒弱という性能はすさまじいです。ちなみに、メインマシンのXeon2.66GHz@3.12GHzデュアルマシンは、40秒台だったはず。サブマシンのAthlon64マシンで30秒後半だったように記憶しています。

しかもすばらしいのは性能だけではなく、発熱が非常に少ない点。PC HotlineだかAkiba2Goの情報では、オーバークロックしてもコアが20度台だったそうで、ん?Celero300A用のクーラーかな?と思う位のCPUクーラーでも動いているのがすごい。逆に言うと、NetBurstなPentium4がいかにすごい発熱だったか、ってことですよね。

PCの低発熱化はCPUに優しいだけではなく、消費電力も減りますし、騒音も減る。消費電力が減ればエコロジーだし、発熱が減れば夏でも部屋が快適。冬は暖房器具の代わりにつかっている人も多そうですが、夏はクーラーの消費電力も減りそうです。地球規模でエコロジーなCPUっていいですよね。
世界中すべてのPentium4搭載PCがPentiumM系CPUに変わったら、いったいどれくらいのCO2削減になるんでしょう。自家発電に切り替えても全くCO2が減らなかった愛地球博よりもCO2削減になるに違いない(笑

CPUは低発熱に向かっているのと対照的に、GPUはものすごーいことになっていますね。2スロット占有のヒートシンクファンが当たり前になりつつあるような気がします。1スロットしか消費しないビデオカードでも、隣接スロットに拡張カードを増設すると結局ファンの吸気口をふさぐだけなので宜しくないですし。
個人的にはParhelia512でまだまだがんばる予定です。って、ぱへりあもかなーり熱くなるんですよね、これ。それにGeForce4Tiよりもしょぼい3Dってのも今更ですが、WindowsVistaがめでたく延期になったので、まだまだしばらくは使えそうな感じです。


2006年4月5日(水)  No.287

SEOとか
7時に家を出て、帰宅が23時という生活を送っている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。今年も桜がさいたーと思ったらいきなりの強風で、散っちゃったかな…?と思ったら結構がんばっていてびっくり。何年か前に、咲いたと思ったらいきなりの暴風で散っちゃったことってありましたよね。

最近アフィリエイトとかSEOについていろいろ調べているのですが、アフィリエイトって個人が片手間でお小遣い稼ぎ程度にできる時代はもう終わってるのね。ちょうどサイトを立ち上げたのが95年、そのころはバナー広告全盛期で至るところでバナー広告を見かけたものですが、今ではバナー広告は廃れる一方。クリックレート0.1%らしいですが、そういえば自分もそれくらいな感じです。もっとも、間違って押しちゃう場合がほとんどなのですが(^^;;;

最近ではクリック課金で費用対効果が高い!と言われていたリスティング広告もキーワードの高騰を受けて(ビッグキーワードだと2000円とかになるらしい…)前よりもコストがかかるようになってきたみたいで、バナー広告が再び見直されつつあるという意見もあるみたい。そんな中、宣伝広告費がほとんど不要のアフィリエイト広告は、広告主から見ても有力なマーケティング手法なのかもしれません。

アフィリエイト広告と縁が深いのがSEO。サーチエンジン最適化っていうやつですが、SEO自体は結構前からある手法だったりします。ただ、アフィリエイトサイトは新規の見込み客を誘導することが最も重要ですから、ユーザーの8割が検索エンジンをつかって情報を調べている今日では、アフィリエイト収入を得る為には、がんばってサーチエンジンの上位にランクインしないといけないわけです。

そのSEOも、昔はmetaタグにいろいろ書いたり、ページ内にキーワードを大量に書くだけで対策が取れたのですが、最近ではそんな簡単な対策では評価してくれないどころか、スパムと見なされて最低評価を食らう危険性も。結局のところ、SEO対策ってサイトの中身をせっせとまじめに作り、周りから評価を受けて自発的にリンクを張ってもらえるだけのサイトにしないといけないってことみたいです。

そう考えるとこのPastimeも、昔は「リンクを張らせてください」というメールも結構来てたりしたので、SEO対策をしっかりすればもっとランキング上位に乗ったのかな、とか思ってみたり。でも、いったい何のキーワードでランクインさせるんだか不明ですが…。やっぱりメイドさんとかなのかな?(汗

最近SEO関連の書籍も大量に出回っていますが、どれを見ても中身は結構似た感じだったりします。じゃあ、実際にどの部分でSEOの効果が出るかと言えば、SEO対策に有効なサイトをいくつ持っているかってことでしょうか。コンテンツのしっかりそろったサイトを多数運用しているSEO対策会社もあるように、やはり多数の、検索エンジンからも一定の評価を受けているサイトを持つことが一番効果的のようです。

なんてことを考えていたら、絶対に仕事の片手間に一人で作業するのは無理だということに気づいた訳であります。アフィリエイトもSEOも、やっぱり専従型じゃないと厳しいやね〜〜
どっかに、放っておいても月に数万円儲かるソリューションって無いですか?(駄目人間
2006年4月5日(水)  No.286

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
[日記一覧] [最新]
shiromuku(fs2)DIARY version 1.40